30代女性の健康

30代女性の健康を考える総合お役立ちサイトを目指します

不正出血

生理以外の時に起こる「不正出血」。
生理痛や生理不順と並んで不正出血の悩みをを持つ人は30代女性にも多いと言われています。

一口に不正出血といっても、病気が原因のものもあれば、特に問題のない不正出血もあり原因は様々です。
問題ない不正出血の場合が多数ですが、かといって放っておかずに、一度婦人科を受診して原因をはっきりさせておくのが安心です。

まず、突然の不正出血に驚かないためにも、不正出血の原因について知っておきましょう。
大きく2つのタイプに分けられます。

● 器質性出血

子宮や卵巣、膣などの性器に何かしらの病変があって、出血しているもの
子宮内膜症や子宮筋腫、子宮頸管ポリープ、子宮がん(子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌などの癌 )の可能性も潜んでいます。
クラミジアやトリコモナスなどの性感染症や膣炎、卵管炎などの炎症が原因の事もあります。
性交などによる膣壁や子宮膣部びらんの擦過傷も出血の原因となります。

● 機能性出血

性器には疾患はなく、ホルモンの分泌異常などが原因となっている出血を言います。
ホルモンバランスの乱れなどによって、子宮内膜を堅持できずに出血してしまうものです。

 

不正出血で、一番多いのは「排卵期出血(中間出血とも言う)」と呼ばれるものです。
生理と生理の間の排卵期に2~3日程度、少量の出血があるものです。
これは、ある意味正常な出血と言われ、特段問題のない出血と言われています。

しかし、たまたま排卵期と重なって、別の原因が隠されている場合もありますから、自己判断は禁物です。

気になる不正出血がある場合には、すぐに婦人科を受診するようにしましょう。

受診する際には、基礎体温をつけておくと一番良いのですが、つけてない場合にも、生理周期や出血の量や普段との違いや生活面での変化など、出血以外にも気になる点を前もってまとめておくと先生にもうまく説明できますよ。
また、出血がおさまってからよりも出血している間に受診した方が、出血元を特定しやすいでしょう。

Comments are closed.