30代女性の健康
30代女性の健康

30代女性の健康を考える総合お役立ちサイトを目指します

女性に多い冷え性

若いころは気にもしてなかったのに、30代になって冷え性が深刻になってくる人も少なくないようです。
寒い冬場だけでなく、真夏でも冷房などにより、一年中冷えで悩んでいる女性も増えていますよね。

冷え性というと、一般的に手や足の先が温まりにくく、冷たく冷えているように感じる状態が慢性的に続く状態です。

では、冷え性はどのような状態で起こるのでしょうか。
一言でいえば、冷え性は「血行不良」の状態です。
末梢血管の血行障害によって起こると言えます。

女性特有の症状と言われる、冷え性。
なぜ、女性に冷え性が多いのかというと、いくつかの理由があるようです。
一つは、女性ホルモンとの関係です。
女性ホルモンのバランスが崩れると冷えの原因と言われる自律神経が乱れてしまいます。
そして、特に女性ホルモンが乱れる時期は、妊娠時と更年期だそうです。
無理なダイエットも、自律神経やホルモンバランスをくずして、冷え性になりやすいと言います。

また、素足やミニスカート、肩を出すなど、女性の方が薄着のファッションが多い事や、ピッタリとした服装によって、身体を締め付けるのも血行を悪くしてしまい冷えをおこす原因にもなるのだそうです。

もう一つが、血圧との関係です。女性に多い低血圧。低血圧の方は血液を運ぶ力が他の人より少なく、体力も落ちている状態になっています。

冷え性になると、手足の冷えだけでなく、様々な症状につながる事があります
例えば、冷えによる血行の悪化によって、ひどい肩こりや頭痛にもつながります。
また、自律神経が弱る事により、風邪を引きやすくなったり、身体全体の冷えにより、腹痛や下痢になりやすいケースもあるようです。

そんな、辛~い「冷え性」。
改善や対策の方法については、次項でご紹介していきます。

Comments are closed.